SEP_327215200714

こんにちは。
今日はもうすでに何度もケノンを使っていますが、レアケース?がありましたので
共有しておきます。

ケノンでホクロは照射してはいけない事になっていますが、連続で照射していると
小さいホクロは普通に気にせず照射していました。

今回ケノンを使っていて、1.5mmくらいの小さいホクロに照射した時に
少しチクッと痛みを感じました。

照射レベルは6の1ショットでした。

通常レベル6くらいでは現在は慣れて痛くないので保冷材は使っていなかったのですが、
見てみると・・・

あ、ホクロが焦げてる・・・

その時の写真がこちら

kenon-32

そこまで痛くはありませんでしたが、ホクロの部分の皮膚が火傷のような状態になっていました。

拡大写真なので実際は小さいですが、火傷はやけど・・・。

もう既にホクロは大小違う部位も含めても含めて何度も照射していますが、今回初めてでした。

レアケースですね。

6日後の写真はこちら

kenon-33

一応治ってますが・・・

薄くなってる!?
確かにホクロが確実に薄くなっています。

写真では見ずらいですが、真ん中に毛根があります。

ホクロの真ん中に毛が生えている状態でごく稀にこういう状態になる場合がありそうですね。

個人差がかなりあると思いますし、ネット上ではこの手の情報は殆どないので
一応共有しておきます。

因みに大きいホクロは最初から外して照射していますので
分かりませんが、、、。